おどる・いのる・ねむる

チャイタリのインドメモ

塩焼きそば

f:id:chaitaliganesh:20210425132018j:plain

塩焼きそば

 中華スープの素で簡単塩焼きそば!葉物は食感を残すために、最後の仕上げの時に入れます。青梗菜でも美味しそうだなー!ボリュームアップしたいので、もやしはマストです。
    タイ料理屋さんだと、パッタイとか、生っぽいもやしが入ってること多いですよね。「そもそももやしって生で食べて良いの?」と思って調べてみました。
 
Q.もやしは生で食べてもいい?
A.日本ではこれまで、もやしはラーメンや炒めものなどのように加熱調理をするものという食文化が定着しており、生産者においても加熱調理することを前提として生産しています。
昨今、国外ではもやしを生で食べる食文化があるという情報が入ってきていますが、日本と海外では衛生基準が異なります。
さらに、もやしは加熱調理した方が青臭さがとれて美味しくお召し上がりいただけます。
 
「もやし生産者協会」
 
…だそうです!わー、加熱する前提なのか。調べておいて良かった!なお、温度が低すぎない野菜室より、しっかり冷える冷蔵庫、更に冷えるチルドの方が良いみたいですよ!普通に野菜室にしまってたけど、これから気をつけよう💦
 
📝レシピはこちら
🍳2食でも100円以下!10分でパパッと!塩焼きそば 🐷